menu

Blog

LA郊外Thousand Oaksの火災と銃乱射事件

2018/11/11

11/8に発生した、ロサンゼルスのダウンタウンから、車で北に小一時間の、サウザンド・オークスという閑静な町で起きた、銃乱射で12人が死亡する事件が発生しました。

また、この町の付近のムーア・パークでは、大規模な山林火災が起きているそうで、家屋もかなりの被害があって、
未だに燃え続けている模様です。

 

この町は、日本食レストランも何軒もあって、個人的に知り合いも住んでいるので心配です。

 

年間を通して乾燥している南カリフォルニアでは、毎年何か所も大規模な山林火災が発生していて、またか…という感じですが、
住宅地近くだとかなりの被害が出てしまいます。

 

今回は住宅地にも被害が出ている様子で、皆さんの無事をお祈りします。

一方こちらは、銃乱射事件。

家事との因果関係は分かりませんが、同じエリアのバーで12人が死亡し、犯人も自殺するという銃乱射事件が起きてしまいました。

先日の中間選挙で、銃規制に消極的なトランプ大統領の支持率も微妙な感じで、下院では民主党が勝利したり、世間の動きもあるようですが、
ライフル協会との関係もあって、なかなか手を付けられないとか、なかなか解決しない問題ですね…

 

やはり、政治を変えると言うのは無理なんでしょうかね?

 

それにしても、身近なエリアで2つの事件、自然災害?が同時に起きてしまい、付近の皆さんは、さぞストレスでしょう。
幸い、知り合いの家は無事でしたが、一刻も早く解決してほしいものです。

これは、一昨年の山火事の画像です。
仕事で訪れた場所からですが、フリーウェイ付近の大規模火災で、ラッシュ時間と重なりかなりの被害がでたようです。

 

これから乾燥する季節ですので、火の元には十分気を付けましょう!

NHRA最終戦 (Pomona, CA)

2018/11/10

早いもので、今週末がNHRA最終戦がロサンゼルス郊外の、ポモナ市で開催されます。

 

つい先日、再投稿したPolaris VictoryのMatt Smithが最終戦を前に4ポイント差でリーダー。
2位には、過去4回ナショナルチャンピオンを獲得している、Vance & HinesのEddie Krawiecが続いています。

 

トップ数人には、逆転のチャンスがあるので、見応えのあるレースになりますね。

Eddie Krawiec (Vance & Hines)

Matt Smith (Matt Smith Racing)

ただ、今回は見に行かれないんです…

Bench★Markエアクリーナー復活?

今年2月に、エアクリーナーやブリーザーボルトを作っていた、Bench★Markが閉店してしまったご案内をしましたが、
Boyle Custom Motoが、ほぼ同じコンセプトのエアクリーナーを販売していました。

 

Bench★MarkもBoyle Custom MotoもCarlsbadというカリフォルニア州の町なので、引き継いだのかと思います。

 

クリーナー自体はかなり小型で、容量的にどうかと思っていたのですが、クリーナー内部のスポンジはかなり目のあらいスポンジを採用していて、
それ程吸気抵抗にはならないのかと感じております。

 

エアファンネルに比べれば抵抗にはなりますが、問題はないレベルかと…

 

ビンテージやチョッパー向きなんでしょうね。

 

主張の少ないクリーナーは、パンヘッド(ビンテージ・モデル)に取り付けても違和感は無いと思います。

RIBSEY AC POLISHED

RIBSEY AC POLISHED

RIBSEY AC TUMBLED

RIBSEY AC TUMBLED

実車とのマッチングは、かなり良い雰囲気ですね。

パンヘッド装着例

エアクリーナーは4タイプで、それぞれフィニッシュ違いがあるようです。

・LIPPER (Polish Only)

・STYLE #THREE (Polish Only)

・RIBSEY (Polished/Tumbled)

・PINNER (Polished/Tumbled)

STYLE #THREE POLISHD

STYLE #THREE POLISHD

PINNER AC POLISHED

PINNER AC TUMBLED

詳細お問い合わせは、ホームページのお問い合わせ欄か、下記メールアドレスまでご連絡下さい。

info@glmc1.com

 

スタッフ一同、お待ちしております。

今どきのカスタムバイク・コンテスト

2018/10/17

アメリカの部品問屋の一つ、デニス・カークが、雑誌American Ironと協賛で、オンライン・バイクコンテストを開催しているようです。
時代の流れですね…

イベントのリンクはこちら

イベントのタイトルは、Garage Build (Build It/Share It)自分でカスタムしたバイクを、シェアしようぜ!
四半期に1回締め切って、MildとWildの2組に分け、それぞれウィナーには、デニス・カークのギフト券$500分が進呈されるというもの。

エントリーしただけで、参加賞としてイベント・オリジナルハットがもらえるらしい。
(海外からのエントリーに対しての対応方法は不明)

エントリーフォーム

審査基準の大枠は、エントリーされたものから、アメリカン・アイアン・ガレージ誌のスタッフが審査。
ベース車両はハーレーに限らず、何でもOKの様です。

Wild Customizations
ワイルドクラスは、フルカスタム~市販車ベースでも大きな改造を施されたもの。
(改造費$10,000以上)

Mild Customaizations
マイルドクラスは、市販車ベースで、ボルトオン部品の装着、塗装などを変更したもの。
(改造費$10,000以下)

エントリーは、1台につき年1回までだそうです。

WHAT ARE THE JUDGING RULES? 

  • All winners will be selected by the American Iron Garage magazine staff.
  • There are no defined judging criteria. The judges will select winners based solely on their own determinations. The decisions are theirs to make and not subject to review or appeal.
  • No pro-builds will be posted to the website. Business names cannot be used in the build copy or on the images of the motorcycle.
  • WILD CUSTOMIZATIONS are those projects that range from ground up customs to heavily modified factory motorcycles. The budget for these projects likely exceeds $10,000.
  • MILD CUSTOMIZATIONS are those projects that enhance a factory motorcycle in some way. It may be a few bolt on accessories, a different paint job or many other changes that modify the bike from stock condition. The budget for these projects is likely under $10,000 in changes to the bike.
  • What class the bike is put into will be determined by the crew that reviews the project submission and posts it to the Garage Build Website.
  • In order for a motorcycle to be posted on the Garage Build website you have to provide a few good photos and some detailed copy regarding your build submission. The Garage Build staff will determine whether or not you have provided enough good content to qualify for a Garage Build posting. If there is not enough content we will let you know that we did not post your build for that reason.
  • Motorcycles cannot be submitted more than once a year. So if you update your bike and want to share it again you will have to wait at least 12 months before re-submitting it.

7~9月 Wild Winner 1978 YAMAHA XS650

7~9月 Mild Winner 2005 H-D ROAD KING

今後この様なバイクショーの運営もありなのかな?と思う一方、イベント会場に出向くメリットも大きいと思ったり…
イベント参加者が減少しているという話も聞いたり、色々考えさせられますね。

イベントの大小に関わらず、日がな一日、友達とゆっくり楽しめるイベントが続くといいな…

年内はVintage Motorcycle Rally & SwapmeetYokohama Hot Rod & Custom Showですね。

Facebookの投稿に関するお知らせ

2018/10/10

この度、ホームページのリニューアルに際し、過去のFBへの投稿も、ブログにまとめる作業をおこなっています。

古い投稿が再度掲載されますが、何かお役に立つ情報があればと思い、敢えてダブり投稿します。

https://www.glmc1.com/

宜しくお願いいたします。

Deviant Fabrications DYNA FXRT/P Fairings

2018/9/20

FXRPフェアリング+adidas

小学生以来adidasファンの私は、このカラーマッチングにグッと来てます。ww

adidas豆知識:
adidas社名の由来は、創設者のダスラー兄弟の弟、アドルフォ・ダスラーからだそうです。
通称 アディ―
もうお分かりですね。

アディ―・ダスラー=アディダス

因みにPUMAは、喧嘩別れした兄ちゃんの会社です。

靴は販売していませんが、フェアリングに関してのお問い合わせ
お待ちしてます!

フェアリングは、Deviant FabricationsのFXRT/P+Lower Fairing+Chin Spoiler ですが、~2005と2006以降のDYNA系にフィットします。

PAGE TOP