menu

Blog

Vance & Hines Top Fuel H-D

2018/1/20

Vance & Hines Top Fuel Harley 2018年シーズンのチーム体制が発表になりましたね~

ライダーはDoug Vancilが引き続き乗りますが、チューナーとして大ベテランのMike Romineが加入したようです。
以前AHDRA時代はライバルだった二人が組んで、どんな走りをするか楽しみ!

バイクの外観からは、カウルの角度が寝たことと、エンジンがブラックになったくらいしか分かりませんが、
駆動系がどこまで手が加えられているか気になります。

2/8からのポモナでの開幕戦が更に楽しみになりました。

Doug Vancil

Mike Romine

Dougは以前プライベーターだった時、ニューメキシコ州から奥さんと2人で全米を転戦していました。
90年代後半にサクラメントで行われたFun Drag(賞金レース)がありましたが、そこで優勝した翌年からVance & Hines入りして、
それ以来20年走り続けています。

Mikeはビルダーでもあるため、彼が乗ったトップフューエルが何台か売りに出てました。
危うく買いそうになったけど、手に負えそうもないので諦めた記憶が…
バイクにNitro TomatoかFlying Bananaというニックネームが付いてました。 笑

NHRAトップフューエル・ハーレーは、下記スケジュールです。

2018 Top Fuel Harley Schedule
Winternationals, Feb 8-11, Pomona, CA
Arizona Nationals, Feb 23-25, Phoenix, AZ
Gatornationals, Mar 15-18, Gainesville, FL
Four-Wide Nationals, Apr 6-8, Las Vegas, NV
Spring Nationals, Apr 20-22, Baytown, TX
Southern Nationals, May 18-20, Topeka, KS
Thunder Valley Nationals, Jun 15-17, Bristol, TN
New England Nationals, July 6-8, Epping, NH
Northwest Nationals, Aug 3-5, Kent, WA
US Nationals, Aug 29 – Sep 3, Indianapolis, IN

バイクがカッコよすぎて写真を載せたいがために無理やり記事を書いた感はありますが… 笑

S&S 124ci EVO Black Eddition

2017/9/24

S&Sから1984-’99年のキャブ仕様フレームにマウント可能な、124ciブラックバージョン・エンジンがリリースされました。
(ポリッシュ仕様、シルバーは既にリリース済み)

エボリューションエンジンも、車両としては生産終了になってから20年近く経つので、色々とトラブルを抱えているライダーも少なくないのではないでしょうか?
エボリューションエンジンの問題の一つに、スタッドボルト付近のケースにクラックが入る事がありますが、これはメーカーにクレームすると、同じケースナンバーを打ったものと交換してもらえていましたが、現在はどうなんでしょう?
数年前に、エボリューションエンジンの販売終了のアナウンスがありましたが…

ケース交換となると大仕事ですし、どうせならその他の部品もリフレッシュしようと言うことで、更に高額になりますね。

だったら、いっその事エンジン載せ替えた方が早いんじゃないかな?
と言うことで、124ciコンプリートエンジンです。

基本スペックは変わらず、カタログ値128.2HP/133.2FTLBです。

その他詳細はこちら(メーカーHPより抜粋)
最後に記載されていますが、高出力エンジンのため、ハイパフォーマンスクラッチが必要になるようです。

 

FITMENT

  • 1984-1999 Carbureted Chassis
  • Custom Chassis designed for Harley-Davidson® Evolution® Engines

FEATURES AND BENEFITS

  • Huge Power increase over stock engine
  • 124 cubic inch displacement
  • 4 1/8″ Bore
  • 4 5/8″ Stroke
  • 640 Cam
  • 1.671″ diameter Crankpin
  • .927″ Wristpin
  • Piston Cooling Jets
  • S&S Forged Pistons
  • 10.8:1 Compression
  • S&S 3 Piece Flywheel
  • HVHP Oil Pump
  • Electric Compression Releases
  • S&S Super G Carburetor
  • S&S Slasher Air Cleaner
  • S&S Superstock Ignition

*Will require high performance clutch

 

お問い合わせは、info@greasedlightningmc.com 又は、お問い合わせフォームからお待ちしております!!

Knucklehead Drag Bike Video

2017/9/23

Knucklehead Drag Bike for sale!!

先日、弊社Facebookではご紹介しましたが、エンジンを始動した様子のビデオが届きました。
114ci(1900cc)S&SケースにFrat Head Powerのデュアルキャブ仕様のシリンダーヘッドです。

車両は、現在米国にありますが、気になる方は弊社までお問い合わせください。

info@greasedlilghtningmc.com

お待ちしております!

S.T.D. Development訪問

2017/9/7

先日、久しぶりにS.T.Dに寄ってみました。

あるショップのオーナーを探す手がかりが無いか聞きに行ったのですが、なんとその場で探していた人物を発見!
一気に用事が済んでしまったので、その後はいつもの雑談になり、S.T.Dを出たのが午後8時。
オーナーは、以前NHRAのファニーカーを自作で参戦していた事もあり、レースの話でいつも長居してしまいます。

一時期ほどの販売量ではないと言っていましたが、シリンダーヘッドを加工中でした。
このヘッドは、特殊なアルミ材を使っているため、耐熱性、強度には定評があります。

あまり表に出ていない部品や冶具なども多数置いてあったり、非常に情報量の多い興味深いショップです。

Rivera/Primo移転

2017/9/1

また歴史の一幕が終わりました。
新オーナーの元ビジネスは継続されますが、今までのWhittier からSanta Barbaraに移転しました。
それに伴い、名物セールスマンのBen、20年以上お世話になったカスタマーサービスのおばちゃんが退職しました。

Riveraは、私がドラッグレースに参戦していた際、4バルブヘッドを使っていたこともあり、サポートしてもらっていたメーカーなので、非常に残念です。

STD、Delkronなども会社が売却されつつも継続していますが、90年代の盛り上がりは感じません。

ま、これが世の中の流れなのでしょうね…

老舗メーカーには、これからも頑張って欲しいものです。

S&S EL DORADO Exhaust Package (ツーリングモデル・エクゾーストパッケージ)

2017/8/26

S&S社より、エルドラド・ツーリングモデル用マフラーパッケージ新発売

適応機種:2009~’16のツーリングモデル

特徴:

  • パワー、トルクの向上
  • 各回転域での深みのある重低音
  • クローム/ブラックセラミックの2色
  • エンドキャップは、スラスター/トラッカーの2タイプ
  • O2センサー位置は、純正と同仕様
  • ワイドバンドに対応したO2センサー同梱
  • ヘッダーパイプ(エキパイ部)にはステンレスを採用
  • S&S独自のハイフローキャタライザー設計で、各回転域で排気流速を適正に保ちます
  • キャタライザーの位置の見直しによる、走行時の温度低減
  • 50州EPA及びCARBエミッション規制対応

Chrome with Tracer

Chrome with Thruster

Black with Tracer-3

Black with Thruster

PAGE TOP