menu

新商品

1 2 3 6

Viking Bags

2020/9/25

ナイロンからハードシェルまで、各機種用のバッグを作っている、バイキング・バッグスの取り扱いを始めました。

 

ほぼ全メーカー用のバッグを作っていますので、詳細はメーカーサイトからご確認下さい。

 

Viking Bagsリンク

 

個人的には、バガー用のバッグの中で、レザー仕上げになったものがありますが、新鮮なイメージです。

シリンダーヘッド加工

2020/8/29

今回は、FLTRのヘッド加工と、それに合わせたピストン、カムのご注文を頂きました。
圧縮比は、10.5:1の指定です。

 

加工内容:
デコンプ(コンプレッション・リリースバルブ)取り付け
吸排気ポート加工
ビッグバルブ化(バルブシート、その他変更)
バルブスプリング変更
ヘッド面研
.590DMEオリジナルカム
DMEオリジナル・ピストン
その他…

 

私も、20数年前、STDヘッド加工に加え、ピストン、カム、その他一式組み込みましたが、ま~速くなりました。

 

乗り慣れると当たり前になってしまいますが、ある時純正エンジンのバイクに乗っ他時、モタついて全く走らないな~という感じでした。

Dave Mackieは、その昔Rivera/Primoのヘッド加工をしていましたが、Riveraの創設者のMel氏が最も信頼していたマシー二ストで、現在はLA郊外のVenturaでショップをしています。

 

加工は、長年お世話になっている、Dave Mackie Engineeringです。

Dave Mackieは、その昔Rivera/Primoのヘッド加工をしていましたが、Riveraの創設者のMel氏が最も信頼していたマシー二ストで、現在はLA郊外のVenturaでショップをしています。

 

私も、20数年前、STDヘッド加工に加え、ピストン、カム、その他一式組み込みましたが、ま~速くなりました。

 

乗り慣れると当たり前になってしまいますが、ある時純正エンジンのバイクに乗っ他時、モタついて全く走らないな~という感じでした。

 

現在では、オリジナルのカムシャフトや、ピストン(Hemiタイプ)も生産していて、より効率良く出力向上をしています。
このピストンは、中央部に窪みを作ることにより、爆発時にコンロッドの真上を押し下げるデザインで、理論上ピストンの首振りを最小限の押さえたものです。

仕事も相変わらず丁寧で、信頼できるショップです。

残念ながら、M8の加工はしていませんが、ツインカム、エボはばっちりご要望にお答えします。

 

興味のある方は、弊社までご連絡下さい。

info@glmc1.com 又は弊社ホームページのお問い合わせ欄からお願いします。

Dellorto Carb Parts

Ducatiや一部Harleyキャブ車でも採用されていたDellorto(デロルト)のキャブですが、最近複数の問い合わせを頂き、取り扱いを始めました。

 

各種オーバーホールキット、フロートやダイヤフラムも含めた、フルオーバーホールキット、ジェット類も揃っていますので、
お困りの方、是非お問い合わせt下さい。

 

お問い合わせは、info@glmc1.com 又は、弊社お問い合わせ欄からお願いします。

勿論、キャブ本体も扱っております。

ハーレー・ダビッドソンに補助輪機能?

2020/6/15

先週、公になったハーレー・ダビッドソン社が”セルフ・バランシング・ジャイロスコピック”という新機構の特許を申請したニュースが出ていましたね。

 

タイトルでは、補助輪機能と書きましたが、低速走行時の安定性や、駐車中にスタンド無しで自立するという、要るのか要らないのか想像がつかない機能です。

 

二輪全体に言えることですが、ここ数年の新車販売台数の落ち込みによる、新規ユーザーを取り入れる意味合いが強いようです。
日本では、600カ所の教習所でハーレーを使い、新規ユーザーの取り込みをしているそうですね。

 

子供のころ、乗りにくいものを上手く乗りこなしている人を見て、大人になったら絶対乗るぞ!という憧れがあったんです。

 

個人的には、乗りやすく便利になればなるほど、趣向性が下がる気がするんですけどね…

ツーリングモデルのトップバッグ内に脱着可能だそうですが、英文記事を読むと、自転車の補助輪の様に”不要になったら取り外せる”という表現がありました。
という事は、初心者か高齢者用?

 

近未来的な感じを覚える機能ですが、電動モーターで内部のフライホイールを10,000~20,000回転させてピッチやロールを押さえるらしいです。
この車格の挙動を安定させるわけですから、かなり重量のあるフライホイールを使っているんでしょう。

訴訟大国のアメリカですから当然対策はしてくると思いますが、これだけの回転数で回っているので、万が一故障した時が心配になります。

 

停車時スタンドが不要との説明もあったので、もしかすると車椅子の方も乗れるのでしょうか?
もしそうであれば、可能性が大きく広がりますね。

 

初めはチョットどうかな~という気持ちで書き始めましたが、書きながら上記に気が付き鳥肌立ちました。

 

このデバイスは、ハーレーの他機種への取り付けも可能との事なので、更に可能性を感じます。

 

楽しみに完成を待ちましょう!

新規取り扱い BREMBO/MARCHESINI

2020/6/5

以前から複数のお問い合わせを頂いていましたが、対応出来ていなかったブレンボーとマルケジーニの取り扱いを始めました。

 

定番なので、今更説明は不要でしょうね。

 

お問い合わせは、弊社ホームページのお問い合わせ(コチラ)からお願いします。

C&C Motorcycle Seats

2020/3/15

最近お問い合わせの増えている、C&Cモーターサイクルシートのご紹介です。

 

このメーカーは、ハーレーのみならず、各メーカーのカスタムシートを製造販売している、ロサンゼルス近郊にあるショップです。
既にいくつか特注してみましたが、作りは非常に良く満足感大です。

 

ステッチパターン、革の素材、色、シート形状の変更が可能です。(追加料金あり)

 

混み具合にもよりますが、納期も1週間程度で安定しています。

 

 

バガー用ソロシート

バガー用ソロシート+ピリオンシート

バガー用シート+バックレスト

Dyna用ファーストバック・シート

Dyna用ファーストバック・シート

ブラックカーボン風素材

FXFB用ファーストバック・シート(ダブル・ダイヤモンド)

FXFB用スクエアバック・シート

FXFB用スポーツ・ツアーシート

写真の角度等で形状が分かり辛いと思いますので、詳しくはメーカーサイトをご確認下さい。

Home

 

ご紹介したモデル以外にも色々ありますので、ご興味がありましたら、弊社お問い合わせ欄又はinfo@glmc1.comからお問い合わせ下さい。

 

お待ちしております。

1 2 3 6

PAGE TOP