menu

新商品

1 2 3 6

ハーレー・ダビッドソンに補助輪機能?

2020/6/15

先週、公になったハーレー・ダビッドソン社が”セルフ・バランシング・ジャイロスコピック”という新機構の特許を申請したニュースが出ていましたね。

 

タイトルでは、補助輪機能と書きましたが、低速走行時の安定性や、駐車中にスタンド無しで自立するという、要るのか要らないのか想像がつかない機能です。

 

二輪全体に言えることですが、ここ数年の新車販売台数の落ち込みによる、新規ユーザーを取り入れる意味合いが強いようです。
日本では、600カ所の教習所でハーレーを使い、新規ユーザーの取り込みをしているそうですね。

 

子供のころ、乗りにくいものを上手く乗りこなしている人を見て、大人になったら絶対乗るぞ!という憧れがあったんです。

 

個人的には、乗りやすく便利になればなるほど、趣向性が下がる気がするんですけどね…

ツーリングモデルのトップバッグ内に脱着可能だそうですが、英文記事を読むと、自転車の補助輪の様に”不要になったら取り外せる”という表現がありました。
という事は、初心者か高齢者用?

 

近未来的な感じを覚える機能ですが、電動モーターで内部のフライホイールを10,000~20,000回転させてピッチやロールを押さえるらしいです。
この車格の挙動を安定させるわけですから、かなり重量のあるフライホイールを使っているんでしょう。

訴訟大国のアメリカですから当然対策はしてくると思いますが、これだけの回転数で回っているので、万が一故障した時が心配になります。

 

停車時スタンドが不要との説明もあったので、もしかすると車椅子の方も乗れるのでしょうか?
もしそうであれば、可能性が大きく広がりますね。

 

初めはチョットどうかな~という気持ちで書き始めましたが、書きながら上記に気が付き鳥肌立ちました。

 

このデバイスは、ハーレーの他機種への取り付けも可能との事なので、更に可能性を感じます。

 

楽しみに完成を待ちましょう!

新規取り扱い BREMBO/MARCHESINI

2020/6/5

以前から複数のお問い合わせを頂いていましたが、対応出来ていなかったブレンボーとマルケジーニの取り扱いを始めました。

 

定番なので、今更説明は不要でしょうね。

 

お問い合わせは、弊社ホームページのお問い合わせ(コチラ)からお願いします。

C&C Motorcycle Seats

2020/3/15

最近お問い合わせの増えている、C&Cモーターサイクルシートのご紹介です。

 

このメーカーは、ハーレーのみならず、各メーカーのカスタムシートを製造販売している、ロサンゼルス近郊にあるショップです。
既にいくつか特注してみましたが、作りは非常に良く満足感大です。

 

ステッチパターン、革の素材、色、シート形状の変更が可能です。(追加料金あり)

 

混み具合にもよりますが、納期も1週間程度で安定しています。

 

 

バガー用ソロシート

バガー用ソロシート+ピリオンシート

バガー用シート+バックレスト

Dyna用ファーストバック・シート

Dyna用ファーストバック・シート

ブラックカーボン風素材

FXFB用ファーストバック・シート(ダブル・ダイヤモンド)

FXFB用スクエアバック・シート

FXFB用スポーツ・ツアーシート

写真の角度等で形状が分かり辛いと思いますので、詳しくはメーカーサイトをご確認下さい。

Home

 

ご紹介したモデル以外にも色々ありますので、ご興味がありましたら、弊社お問い合わせ欄又はinfo@glmc1.comからお問い合わせ下さい。

 

お待ちしております。

Screamin’ Eagleエンジンキットは激しく右肩上がり⇧⇧⇧

2020/3/13

先日ご紹介した、スクリーミン・イーグル 131ci クレートエンジンの腰上キットご紹介です。

 

本キットは、数週間前にリリースされており、既に入手可能です。
ベースは、114又は117ciエンジンを131ciに変更可能です。

 

先日お伝えした、クレート・エンジン(コンプリートエンジン)は、現段階では受注生産で納期に数週間かかりますが、
将来的には在庫されるとの事。 (弊社情報源より)

 

キットの方が先にリリースされており、米国販売価格はコンプリートエンジのほぼ半額ですので、丸ごと載せ替えが楽かキットを組んだ方が良いかは、悩ましい所ですね。
キットには、ストリートキャノン・マフラーが含まれており、下記のチャートはこのマフラー込みのスペックです。

仕様:
・M8油冷エンジン用・ボルトオンキットで最大排気量 131ci (2195cc)
・4.31”スチール・シリンダー(特許取得済)
・新設計CNCポート
・ビッグバルブ(1mmオーバーサイズ)
・SE8-517ハイカム/ハイパフォーマンス・カムベアリング
・鍛造ハイコンプピストン
・CNC加工燃焼室
・64mmスロットルボディー/ハイフロー・インジェクター(5.5g/sec)
・キャスト・マシーンド・インマニ
・Stage IVタイマーカバー
・ストリートキャノンマフラー含む
*上記仕様で、最大121hp(リアホイール)、最大131ft-lbトルクを発揮する。(チャート参照)
トータルパッケージ組み込み時、クルージングスピードから全開エリアでトルクが更に増強され、力強い加速感を味わえる。

特徴:
・114ci/117ciオイルクールド(油冷)エンジン用キット
・全域に渡り強大なトルクデリバリー
・どのスピード域からでも力強い加速感を得られる
・フラットなトルクカーブ(クルージングからMAX RPM)
・エンジンを降ろすことなくトップエンドのみ交換可能
・米国ディーラーで組み込んだ際は、保証が継続される(日本では未確認)

楽観的ですが、コロナウィルス問題はやがて収束し、株価は元に戻るでしょう。

ここ数年の出来事で、既に忘れられている物も多いけど、当時は連日ニュース番組で大騒ぎしてましたしね…
ヒアリなんて、殺人アリとまで言われて、〇〇公園で25匹発見されましたとか。

結局、米国での死亡例は確認されていなかったとか、誤情報もいいところだったし。笑

こんな時こそ、滅入らずに頑張りたいもんです。

 

ご興味がある方、是非弊社ホームページお問い合わせ欄または又はinfo@glmc1.comまでお問い合わせ下さい。

 

ご連絡お待ちしております!

 

Sony XAV-AX5000/7000問題解決

2020/3/2

引き続き、ご好評を頂いておりますSonyオーディオキットですが、取り付け後の不具合に関するお問い合わせを多数頂いております。

 

質問例:
・CVOモデルにXAV-AX7000キットを取り付けたが、純正に比べ音質が悪化(音痩せ)した
・スタンダードモデルに、XAV-5000と取り付けてもらったが、ハンドコントロールが機能しない
・弊社推奨以外の社外アンプを取り付けたが、音量が上がらない
・通販サイトで本体のみ購入してしまったが、取り付けが出来ない

 

弊社では、このような問題解決のお手伝いをさせて頂いております。

XAV-AX5000/7000の機能紹介ビデオ

ハンドコントロール・モジュールのリセット方法などもビデオにしておりますので、ご購入後も簡単に設定することが出来ます。

 

それぞれの機種、年式、モデルに合わせキットの小組を済ませて発送します。

 

詳細お問い合わせ、お見積もりのご依頼は、お問い合わせ欄又は、メールアドレス:info@glmc1.comまでお願いします。

 

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

Screamin’ Eagle Crate Motor 131ci

2020/1/28

既に、この呼び方は浸透しているかと思いますが、クレート・モーターとは載せ替え用のコンプリートエンジンを指します。

 

数日前に、H-D社が発表したスクリーミン・イーグルの131ci(2147cc)エンジンは、M8モデルへボルトオンで載せ替え可能です。

適応モデルは、2017以降のツーリングモデルの油冷とツインクールドエンジン。

 

主な仕様:
CNC加工ポート・シリンダーヘッド
63mmスロットル・ボディー
ハイパフォーマンス・カムシャフト
ハイパフォーマンス・リフター
その他、ハイパフォーマンス部品採用

 

114ciに対し、48%の馬力アップ、トルクは21%アップしています。

 

米国では、ディーラーで載せ替えを行った場合、エンジン及び車両へのメーカー保証は引き続き受けられるとのこと。

 

コンプリート・エンジンの他、ボアアップキットも販売されます。
出荷日は未確認ですが、近日中にリリース予定だそうです。

 

 

 

 

 

先日のブログにも書きましたが、いま盛り上がっているパフォーマンスバガーを意識してでしょうね…

 

 

 

詳細をご希望の方は、コチラ又はホームページお問い合わせ欄からお願いします。

*写真はメーカーページより引用

1 2 3 6

PAGE TOP